企業情報

企業情報

透明性ガイドライン

情報開示方針

大塚メディカルデバイス株式会社と医療機関等の関係の透明性に関する指針

本指針の目的

「世界の人々の健康に貢献する革新的な製品を創造する」ことを自らの理念とする大塚グループは、新薬そして人々の健康のための新たなニュートラシューティカルズ関連事業製品の継続的な研究開発と安定的な供給を通じて、世界の医療と人々の健康に貢献し、サポートし続けることをその使命としています。近年、メディカルデバイスにおいても同様な使命を達成するように活動しています。その使命を果たすためには、大学等の研究機関・医療機関等と連携協力して、医学・薬学の基礎研究、臨床開発、製造販売後の情報提供・収集活動、安全対策など、多様な活動を行なう必要があります。そして、そのような産学連携活動を通じて、医学・薬学をはじめとするライフサイエンスの発展に、大塚グループはこれまで寄与してきました。また、今後も寄与し続けていくことが強く望まれています。

しかしながら、こうした産学連携活動を通じた世界の人々の健康への貢献は、研究機関・医療機関等との関係の透明性を確保し、高い倫理性を担保した上で行わなければ、社会からの理解を得ることはできません。

本指針は、研究機関、医療機関等との関係の透明性を確保し、健全な産学連携活動の意義・貢献について、広く社会の理解を得るために、大塚メディカルデバイス株式会社としての行動基準を示すことを目的としています。

基本的な心構え

大塚メディカルデバイス株式会社は、子会社として日本医療機器産業連合会(以下、「医機連」)の会員会社を有しており、大塚メディカルデバイス株式会社として行うあらゆる活動について、医機連で定める「医機連企業行動憲章」、「医療機器業界における医療機関等との透明性ガイドライン」、「医療機器業プロモーションコード」をはじめとする関係諸規範およびその精神に従い、医療機関等との関係の透明性を確保して、これを執り行います。

医療機関等に対する資金提供の公開

大塚メディカルデバイス株式会社は、当社のウェブサイト等を通じ、産学連携活動にあたって医療機関等に対して提供した資金について、以下の通り公表します。

研究費開発費等

ここでいう研究費開発費等には、公的規制のもとで実施されている各種試験、報告、調査等(臨床試験、治験、製造販売後臨床試験、不具合・感染症症例報告、製造販売後調査等)及び企業が独自に行う調査等の費用が含まれます。

開示対象なし

学術研究助成費

医療技術の学術振興や研究助成を目的として行われる奨学寄附金、一般寄附金、および学会等の会合開催を支援するための学会寄附金、学会共催費が含まれます。

原稿執筆料等

医療機器の適正使用等に関する情報等を提供するための講演や原稿執筆、コンサルティング業務の依頼に対する費用等が含まれます。

情報提供関連費

医療関係者に対する医療機器の適正使用、安全使用の為に必要な講演会、模擬実技指導、説明会等の費用等が含まれます。

その他の費用

社会的儀礼としての接遇等の費用が含まれます。

ページの先頭へ戻る
OTSUKA
Copyright (C) Otsuka Medical Devices Co., Ltd.